skrbmdl’s blog

日常生活で感じた事を綴ります。

日々。

今回の連休は世間様と同じで土、日、月曜日と3連休。

土、日曜日は早朝バイトがあったが朝の3時間は楽勝です。

と言いたいけどアパートに帰って😥やれやれと思ったとたん眠気に襲われる。

片付けることを済ませPCの前に座ると椅子から転げ落ちそうなほどの居眠りをする。

気が着いた頃にはもう12時を過ぎてる。

1日目は台風接近のニュースも気になっていたので買い物も行かずアパートにこもっていた。

2日目の今日はお天気が回復。コンビニもどこかに出掛けるだろう雰囲気の方で来客数が多かった。

が、私は今日もアパートにこもっていた。

明日、出掛ける所(人出が少なく新鮮な空気、景色を堪能出来る場所)を検索していた。プラス足回りの良くなった愛車でドライブ出来る距離。

 

日々。

定期検診で市民病院に行った。今日は駐車場に入るまで長蛇の列、10数分かかった。やっと血液検査、尿検査を終えて受診内科の待合で待つこと1時間、診察は10分程で終わり薬を頂き帰り着くと12時を過ぎていた。

昼食を済ませ今度は車検の予約を取っていたのでヂィーラーのところに。

車検プラスタイヤ交換で20万円かかると、さすがにヂィーラーは高い。

次の車検までの定期点検プラス足回りの安全料だと思う事にしよう。

人生半分以上(高校生の時は50歳までで良いと思っていた)過ごせた今、

何事も自分の気持の持ち方で乗り切って楽しい日々を過ごしていこう。

日々。

今夜の夜勤者(世間の呼び方だとおじいちゃん)が私に「その仕事は昼間出来る」と言う。

昼間は利用者さんの見守りトイレコールの対応パソコンへの入力等大忙しで「昼間はそんな時間は取れません」と返事すると「そんなんで良く生きていられるなー」

何を根拠にその言葉が出てくるのか。

別の階のスタッフが「さっきここに来て”何もして無いから夜勤の仕事の準備が全然できない”って愚痴ってたよ」と教えてくれた。

私は遅番の決められた仕事をこなした上で就寝介助がスムーズに出来る様皆さん(介助が必要な方の口腔ケアをしながら残っている方の見守りをしているのに。

認知症を患っている方の見守り(10人近い)はそれぞれパターンが違うのでやり取りが疲れる。

105歳の方(車椅子)。「みんな帰ったよ私も帰る。」

          「1人で行けないから待っててね。夜勤の人が連れてってくれる     

           から。順番だよ」

          「そうかね。ここで待ってりゃいいかね。

  そう言いながら掃除をしている私を見て

          「埃がそんなにあるかや?掃除をして私らをほったらかして。」

  認知症とはいえそれは無いよと腹がたったので

          「その言い草はないよ私は時間内に掃除を終わらせないといけな  

           いの、100歳まで待てたんだからもう少し待ってよ。」

  とやり返した。その横で足が痛いと言いながら車椅子から立ち上がろうとする方、

  居室に連れていったのに又出て来る方、それぞれに対応しながら仕事を進める。

 

日頃から失禁し汚れた衣類をバケツにつけっ放しで忘れる(洗濯機に掛けるのを)スタッフがいても気がついた人がやれば良いと思う様にしている。

今夜の夜勤者は他のスタッフに期待するからイライラするんだよ。

期待するな。とこの次一緒になったら伝えよう。

  自分の(遅番がやる)仕事を15分も早く終わることが出来たので最後まで待たさ  

  れていた利用者さんと一緒にのんびりとテレビを見て過ごし心の中で

  (夜勤がんばれ)「お疲れさまです、帰ります」と挨拶を。

日々。

久々の投稿。

コロナウイルス感染症と言う病気が人々の生活を抑制してしまった。

友人でも接触する時は気をつけるようになってしまった。(寂しい)

家に居るよりお茶を飲みに行っておしゃべりする事や、車で出掛け景色に浸ったり道の駅で買い物をするのが楽しみだった。(ここ1年半程自粛。)

ストレス倍増している人や解消するのに家庭で出来ることを見つける人等、皆さん努力していられることでしょう。

そんな中、私はスマートウオッチを購入出来た。睡眠状態、ストレス測定など結構役にたってる。

私がいい加減な性格なのかストレスは普通だし睡眠は浅い眠り深い眠りが半々で十分な睡眠が取れてることがわかった。

いい加減な性格が(バカさ加減の証明)自分で認識出来た。それは玄関の施錠。

何年か前迄は夜もキチンと施錠出来ていたのにある日帰宅後施錠しようと頑張ったがついに施錠できないと思い込み外出時は外からカギを掛け夜はカギを占めずに寝ていた。

それが先日、カギは右に廻すと閉まることを知った。(左に廻して頑張っていたんだ)

救いようの無いバカだとは思うが失敗する(泥棒に入られるとか)前に解決策を見つけられたことは救いでした。

以前と同じライフスタイルと願うのは無理でも、少し気持ちを楽にしたい。

まだまだ先かな~。

今日は、早朝バイトから帰って1日家の中。

 

日々。

検査キッド購入。

知人(数年あったことも無いがバイト仲間)のコロナ感染で恐怖感に襲われ公共機関に問い合わせをしてみたりPCで検索して見たり自分の状態を観察した。

感染の疑いは無いがそれでも安心感が得られず購入。

届いて直ぐに検査方法を読み、始めた。結果が出るまで1時間程待った。

「陰性」の結果を得た。

信ぴょう性が70~60%でも安心感が広がった。

 

昨日の休日は洗濯物を干すのに庭に出るだけで1日冷房の効いた部屋の中。

夕方、検査結果を報告がてら友の家に検査キッドを届けに(ここ一週間で2回程お邪魔してお茶を飲んでおしゃべりをしたので)ひとつ持っていった。

友曰く「感染拡大が広がっているけど自己防衛をしっかりとしているのに、そこまで心配するのかと」

 

治療方法もやっとの段階で予防接種を受けない方や自己防衛を怠る方がまだまだ多いと感じる。1年前の公園、街中は車や人影が今の半分以下だったように思う。

何にしてももうしばらくは自己防衛を怠らないのが感染拡大防止に出来る私のささやかな協力かな。

日々。

毎年夏に緑のカーテンをする。(アパートの南側が道路になっていて私の庭のフェンス半分を遮るようにゴミ収集場所が)

毎回2本のニガウリの苗を買ってきて夏中ニガウリ料理を楽しむことが出来る。

今年は例年に無く葉の茂りが良く部屋の中が昼間でも薄暗く曇りの日は電気を付ける。

f:id:skrbmdl:20210827081616j:image

昨夜は、ニガウリと人参で白和えを作った。

3蓮パックの木綿豆腐 しっかりと水切り

ニガウリは種を取り除き薄切り

ニンジンはせん切り

味噌

砂糖

ニガウリと人参はレンジでチンし水をしっかり絞り和えるだけ。

昨夜の夕飯、苦みがほとんど無く私としては少しさみしいお味でした。

今日は風も無く夏の日差しも強くなって汗ばみ始めたので窓を閉め冷房を付けます。

日々。

今日から4連休。

とは言うものの「緊急事態宣言」発令中。

先週は知人がコロナに感染したと聞く。

基礎疾患があると言うのに予防接種はまだ受けて無かった(本人の意思)らしい。

基本その方は歯の治療で一年中マスク着用なのだが別居している家族と週1頻度で食事をともにしていた。その家族からの感染だと聞く。

今の症状は知る由も無いが「3~4日前は自宅療養中」と噂を聞いた。

 

予防接種は受けているものの余りの拡大、知人の感染で怖くなった。

PCR検査は受けた方が良いのかと思い問い合わせをした。

市のコロナ相談窓口、厚生労働省相談窓口、何回電話をかけても

「回線が混み合っています、このままお待ちいただくか暫くたってからもう一度お掛け直しください。」のガイダンスが流れるばかり。

それなら自分で検索。

PCR検査検査を受けられる病院、個人医院を

電話予約で受けられる個人医院を見つけた、

発熱、風邪の初期症状も無くただ心配だからの検査。

料金 20、000円

取りあえず体調を考慮してみると

予防接種は2回受け、発熱、風邪の初期症状は無し。 と言うことで

今後も自己体調管理の徹底で過ごす事にしました。

 

しかしながら4日も冬眠すると5日目からの仕事がきつく感じるかもと、

この冬眠中に走るだけのドライブ、人気の少ない公園で歩いてこよう。